ダイハツコペンはオープンカーとして画期的な部分を多数導入

オープンカーの定番になりつつある車へ

昔からオープンカーというのは、広くは認知されていないものの、有名な車が多数あることは知られています。ロードスターやMR-Sのような車が代表されるものとなりますが、最近はダイハツのコペンが有名になっており、軽自動車でも珍しいオープンカーとして販売されています。

軽自動車でも、ここまでの魅力があることをアピールしている車であり、オープンカーらしいよさを体感できます。

見た目の部分を追求して、より流線型を採用することによって、カッコよさを見せることに成功しています。

オープンカーは、風を受けられるような仕組みが重要になっていますが、オープン状態にした場合でも、空力面の問題を解消しつつ、しっかり風が受けられるようにしています。

スポーツカーに似たような部分を作り出すことによって、より快適な運転を実現できるようにもなりました。

軽自動車はパワーが足りないとか、オープンカーにしても、風を受けられる状態が少ないなど、以前は酷評されている部分もいくつかありました。そうしたものを解消したのが、ダイハツのコペンなのです。

よりスポーツカーのような見た目と、よりパワーと魅力を感じられる設計に変更して、運転の楽しさを増やしています。

上質な室内を作り出し運転の興奮を持たせる

コペンのいいところは、内装がしっかりしている部分です。外側はいいけど、中を見ると思っていたようなイメージがないと思われてしまうのが、非常によくないと考えたのか、中身もかなり充実しています。

シートの部分は、高級車のようなイメージを与えることに成功しており、運転している人がさらなる興奮を覚えられるような作りになっています。安い軽自動車というイメージは、内装からは考えられないほどです。

メーターの部分も、かなり高級感を持たせていること、男性が好みそうな色を使っていることなど、様々な改良をしています。光るように工夫されており、夜の運転でもメーターを見やすく作っているところもメリットとなっています。

シンプルなメーターが採用されているものの、カッコよさのために、文字の部分にも工夫を行い、従来までのもとは見違えるほどの内装を実現しています。

オープンカーにしては珍しく、座席の部分を温めるためのヒーターが採用されています。冬になると、寒さが非常に感じやすくなってしまい、室内を温かくしたいと感じる方が多くなります。

そうした温かさを感じられる仕組みとして、座席部分にもヒーターを付けるようにして、より暖かく感じられるようにしています。

運転の際に無駄な動きを排除できる仕組み

コペンには、運転する部分でも改良が加えられており、これによって運転しやすくなりました。キーを利用しているものではなく、プッシュスタートが採用されているので、キーを回す面倒な部分が消えています。

また、エアコンもオートで利用することが可能となっているので、設定などで面倒な切り替えをすることが無くなり、運転に集中できるような仕組みが取られています。

カードキーを採用しているモデルであり、この場合は電池が無くなってしまう問題が指摘されています。

コペンには、電池が少なくなると、警告が出るように作られているので、電池が無くなって色々困ってしまうことが無くなりました。

さらに、作動するエリアをしっかり定めておくことで、誤動作を防ぐようにする工夫が行われています。もしも誤動作によって、勝手に閉まるなどのトラブルが起きそうでも、実際には作動しないので起こらない工夫がされています。

安心して運転できるように、そしてより運転を快適にする工夫もしっかり取られています。

もちろん、運転をしている人が、もっと安心できる装備も使われているので、従来のモデルに比べると、非常に安心感が高まっています。見た目だけでなく、運転部分にも気を使っている車です。


【那覇空港営業所 出発】
初代ロードスター車種指定プラン【禁煙】【MT車】

2016年にレンタカーでこの車?? 走りの楽しみを味わえる初代ロードスターの車種指定プランがスカイレンタカー那覇空港営業所に登場。 レンタカーまず見ることのできなくなった初代のマツダロードスター。スカイレンタカーの車両の整備を請け負う 整備士による万全のメンテナンスで現行車に遜色のない快適な走りをお楽しみいただけます。

スカイレンタカー沖縄・北海道・九州 Jネットレンタカー北海道~名古屋~沖縄
CATEGORY