ホンダ アコードに登場したハイブリッドタイプの中身とは?

外観と内装の両方を大幅に変更している

ボディはよりセダンを意識できるものに変更されて、フロント部分がかっこよく見えるように外観が変更されました。どっしりとしたスタイルの中に、フロントのしっかりしたマスクが、男性に人気のスタイルを作り出しています。

内装については、広がりを持たせるように作られています。セダンタイプの悩みとしては、綺麗な作りをされているものの、乗っていると狭く感じてしまうことがあります。

アコードハイブリッドには、ゆとりを持った空間を実現することで、狭さを感じないようにしています。広く作られているように見せること、そして実際にスペースの確保をうまく行っているからこそ、乗りやすい車になっています。

変わったタイプのギアの切り替え持っており、指1本でも操作ができるように工夫されています。

従来までは、切り替えレバーを操作するものが一般的でしたが、ボタン操作で動かせるようにしています。押すところと引くところを覚えていれば、より快適な運転が可能です。

安全性を大幅に高める先進技術を導入

ホンダは、様々な技術開発を行っており、それによって車にも最新装備がつけられることになりました。アコードハイブリッドに搭載されているものも、最新技術が導入されており、特に安全性を大幅に高めることができる方法を採用しています。

レーダーブレーキのようなシステムを採用しており、障害物を検知して、衝突を避けるようにしたり、衝撃を最小限に抑えられるようにする技術がつけられています。

ステアリングも、レーダーによって制御できるようにしており、人に向かって運転しないようにプログラムされています。人を検知すると、そちらの方に向かって動かないように、ステアリングは逆方向を向くようになります。

障害物でも同様ですが、間違った方向にステアリングが動かないように、レーダーがしっかり監視しているのです。もちろん白線部分も検知しており、これ以上はみ出してはいけないことが、プログラムによって制御されて運転を安全なものに変えてくれます。

近年は、誤動作によって事故が起こりやすいとされており、アクセルとブレーキの踏み間違いが非常に多くなっています。この車には、誤動作によって事故を起こさないように、間違った運転にストップをかけられるようにしています。

ハイブリッドシステムで燃費を大幅に向上

アコードはガソリン車として販売されているモデルでしたが、ハイブリッドモデルとして販売されることになり、ハイブリッドのシステムが導入されています。

このシステムによって、リッター30キロを実現することに成功し、長距離の運転でもあまりガソリンを利用しないようになりました。使われているモーターの変更によって、さらに高出力を実現しつつ、燃費面の向上も行っています。

燃費以外でも、トルクが大幅に増大したことで、加速性能をアップさせることに成功しました。

従来のモデルと比較しても、出だしのスピードが比較的早くなり、発進時もスムーズに出られるようになっています。

加速についても、ボタン1つでアップさせられるシステムがつけられているので、高速道路などのスピードを出せるところなら、ボタンを押して加速を伸ばすことができます。

この車には、100メートルくらい先の情報を読み取ることができて、その情報を社内で知らせてくれるメリットを持っています。

信号が青のまま通過できるのは、どのようなスピードで進めばいいのか教えてくれますし、赤信号が濃厚になっているなら、スピードを抑えるように指示を与えてくれます。

運転の快適さを実現しつつ、安定した加速と燃費を実現した車となっています。

Honda Access Accord HYBRID「見る人を魅了する、スタイリング アイテム。」

【那覇空港営業所限定】
スバル レヴォーグ車種指定プラン

スバルから「LEVORG」誕生! スポーツカーのデザインとワゴン性能を組み合わせ、水平対向エンジンで低重心という特性を活かし、 安全性を追求したスバルのAWDとビルシュタインショックアブソーバーを装備! 安定した走行が可能になり、ドライバーの意のままに操れるドライビングの楽しさを体感できる1台です。

スカイレンタカー沖縄・北海道・九州 Jネットレンタカー北海道~名古屋~沖縄
CATEGORY