軽自動車の枠を超越したスポーツカー、ホンダのS660

ビートの復刻版として登場したS660

ホンダ・S660は2015年に登場したホンダの軽自動車スポーツカーですが、2人乗りでエンジンが後ろに設置されているミッドシップという特徴があります。

ミッドシップの車はポルシェ・ケイマンやフェラーリなど高級スポーツカーが採用していますが、現在のところ国産車ではこのホンダ・S660のみです。

昔、ホンダはビートという軽自動車スポーツカーを販売していましたが、このS660はそのビートの復刻版という事になっています。

そんなS660は軽自動車ですが、造りには大変こだわっていてボディ剛性は高く乗用車と変わらない運動性能を備えているのが特徴です。

コーナーでの安定感はフィットのRSなどよりも優れているといわれているほどで、発売当初は雑誌などで話題になりました。

また空気抵抗を抑える設計もされていて、ボディの下の空気の流れを整えたりする、高級車に採用される装備も付いています。

S660は6速MTとCVTのどちらかを選べますが、最近はあまり人気がない6速MTを選ぶ人も結構たくさんいるようです。

昔MTに乗っていた50代の男性がまたスポーツカーにあこがれて、値段が安い軽自動車のS660で楽しむという人もたくさんいるようです。

 

軽自動車なのにパワフルなS660

そんなS660ですが、実際に走らせてみると、意外とパワフルな車です。車重は約850kg程で他の軽自動車と変わりませんが、660ccのターボエンジンですし、パワーが出るように設定されていますので、普通の軽自動車に比べるとスポーティですし、1リッタークラスの普通車並みにパワフルに走ります。

また、ミッドシップの後輪駆動ですので、ハンドリングが良いのも特徴です。コーナーの前ではブレーキで減速して、コーナーを抜けながら徐々にアクセルを踏んで加速していくと、ミッドシップ独特の気持ちよさを感じることができます。200万円くらいでこうした楽しみが味わえる車は他にはなく、これがS660の特徴でもあります。

そして、6速MTもストロークが短めに設定されていますので、シフトチェンジがしやすく、シフトの重さも軽めで気持ちよくシフトができますので、MTになれていない人でもすぐになれて楽しくドライブできます。

CVTも普通の軽自動車よりはスポーティに設定されていますし、パドルシフトも付いていますので、スポーツカーのように楽しく運転できます。

またペダル類は軽めですが、クラッチペダルはクセがなくシフトしやすくなっていますので、誰でも扱いやすいのが特徴です。

軽自動車としては割高のS660

S660はオープンカーですが、後ろの方まで屋根が空くわけではなく、上部のみが空くようになっています。

屋根は幌でもちろん取り外しができ、使わないときは前方のトランクに収納するようになっています。これの装着は若干面倒ですので、急に雨が降ってきたときなどは注意が必要です。

また、軽自動車ですので室内は大変狭くなっています。ですので体が大きな人は大変狭く感じますので、好き嫌いが別れると思います。

しかし、体がそんなに大きくない人ならそんなに不満なくドライブを楽しむことができますし、シートも軽自動車にしてはしっかり作られていて生地も上質ですので、室内には高級感があります。

そして肝心の価格ですが、ベーシックグレードで約200万円、上級グレードで約220万円とかなり割高です。また本革シートなどはオプション設定になっています。

ミッドシップでかなりのコストがかかっていますので、これは仕方がないですが、1.5リッターエンジンのフィットの上級グレードよりも割高です。

いまだにS660は品薄状態にあるようで、試乗車も少ないといわれていますが、購入を考えている人は、是非試乗してみて納得した上で購入することをオススメします。

S660 IMPRESSION:一般道インプレッションvol.2

【北海道地区】
ランサーエボリューション 車種指定プラン

23年の長い歴史に幕を閉じる三菱ランサーエボリューションがスカイレンタカー鹿児島空港営業所(10月1日から スカイレンタカー福岡空港営業所)にて車種指定プランとして登場! 積み重ねられた進化とラリー選手権で戦い抜いた経験が集約された1台。 速さだけではない乗り心地、安全性、「ドライブ」に必要なものをすべて高いクオリティで兼ね備えた ランサーエボリューションで九州のドライブを心地よくお楽しみ下さい。

スカイレンタカー沖縄・北海道・九州 Jネットレンタカー北海道~名古屋~沖縄
CATEGORY