トヨタのハイエースワゴンは多くの人が乗れるタイプを実現

通常のハイエースとは違い人数を増やしている

通常のハイエースよりも、さらに大きなものに設計し、より多くの人が載ることが出来る、ファミリーカーのような存在になっています。

広さはかなり充実している車で、身長の高い方が乗り降りすることは難しいですが、一般的な身長の方ならそこまで苦労せずに乗り降りできます。

モデルによって多少乗れるスペースが異なっており、一番大きなグランドキャビンの場合は、10人まで乗れるように作られています。

家族の人数によって、乗る人数を大幅に変更できるところが優れているポイントとなっていて、ハイエースなのにここまで充実している車になっているのかと思えるくらいです。

スペースの確保をしっかり行いつつ、ハイエースらしい広い車内を実現しています。特に高さという部分が広くなっており、普通の車と比較してもかなり高い状態となっています。

こうしたスペースを確保するからには、足回りなどの強化も必要になっていて、確実に運転しやすくする工夫がされています。

運転システムの見直しと足回りの強化

ハイエースよりも広い空間を実現している以上、運転しやすくする部分を作らなければならず、重い車体を簡単に動かすことができる状態を作らなければなりません。

その時に必要となっているのが、サスペンションやブレーキの強化となります。通常のハイエースに比べると、強力なものが採用されており、しっかりとコーナーを回ることが可能となっています。

勿論、運転するためのシステムも作られており、特に重い車体で苦労することになる、坂道発進ではシステムの利用によって、簡単に発進できるようになります。

急に下がってしまうような状態になってしまう場合でも、ブレーキがしっかりと踏ん張れるようにしているので、重い車体でもいきなり後ろに下がってしまうことはありません。

他にも、滑り止めをするためのシステムも用意されているので、車を運転するときにありがちな、横滑りの状態を防ぐことが出来ます。

重いからこそしっかり対応するためのシステムが大事になっており、家族の安全を守ることが出来るようなシステムが多数搭載されています。

その上で、使われている部品にも変化をもたせることで、車を安定させられる部分を多く持たせることが出来ているので、安全に運転できます。

燃費も大型車の中ではそれなりに高い

こうした大型車の場合、燃費部分の影響が気になってしまうかもしれません。燃費が低いと、長距離の運転では給油を何度もしなければならないので、運転をすることが厳しくなってしまうこともあります。

このハイエースワゴンは、大型車なのにリッター9.5キロを実現しているので、割と長い距離を走ることが出来ます。数字は目安となりますが、7キロくらいは通常の運転でも普通に走ることが出来ます。

エンジンはガソリンタイプを採用しており、ハイブリッドではありません。出力は大幅にアップさせて、加速と最高速のバランスをしっかり保てるようにするモデルとなっており、重い車体をすぐに加速させることが出来ます。

トルクの部分が太くなっていることで、初期の加速がしっかり出せるようにする工夫がされています。エンジンに強い開発を行っているトヨタだからこそ、ここまでのガソリンエンジンを作ることができます。

この車は、メンテナンスを個人でも行えるようにする工夫もされていて、フロント部分に必要なものが大体揃っています。

交換をする場合は、フロント部分を開ければすぐに対応できます。燃費を上昇させる工夫も、エンジンだけでなく個人でも行えるようにしているのがいいところです。


【那覇空港営業所 出発】
ホンダヴェゼル車種指定プラン

トヨタハリアー車種指定プラン 高級クロスオーバーSUVとして高い人気を誇る「トヨタハリアー"Advanced package"(ガソリン車)」が車種指定プランとして登場!

スカイレンタカー沖縄・北海道・九州 Jネットレンタカー北海道~名古屋~沖縄
CATEGORY