ホンダ オデッセイのハイブリッドモデルが東京モーターショーでお披露目

5代目オデッセイ

今までのオデッセイは背の高いステーションワゴンという感じでしたが、現行モデルはミニバンユーザーのニーズに合わせたハイルーフモデルへ進化し、両側スライドドアを採用したことで実用性を高めています。エンジンは2.4リッターで自然吸気で前輪駆動と4WDモデルが用意されています。

車内空間は、上質で座り心地のいいシートを備え、大人4人が乗車しても、スーツケースを4つ積み込める荷室の広さをもっており、シート表皮や、スマートフォンのような操作感の静電式タッチパネルを採用したインパネを備え、洗練された室内の印象をつくりあげています。

ホンダ オデッセイのハイブリッドモデル

そんなオデッセイですが、来年の春にオデッセイ ハイブリッドがラインナップされます。すでに東京モーターショーに出品されていますし、ホンダも公式にアナウンスしていますので、確実に発売されます。

オデッセイ ハイブリッドの今わかっているスペックは排気量が2リッターエンジンでモーターが2つ組み合わされ、リチウムイオン電池が搭載されています。このパワーユニットはアコードハイブリッドと全く同じもので、トヨタのハイブリッドシステムとは発想が違う少し変わったものです。

エンジンはバッテリーの充電に使われ、モーターのみが駆動力をタイヤに伝えます。そして時速80㎞を超えるとエンジンの駆動力もタイヤに伝わるという仕組みになっていますので、街中では電気自動車に乗っているような感じで運転します。

またリチウムイオンバッテリーはフロントシートの下に配置されますので、室内空間はガソリンモデルと全く同じだといわれています。

気になる燃費や価格ですが、最も安いモデルで400万円以下になるといわれています。ハイブリッドモデルは一般的にガソリンモデルに比べると40~50万円高くなりますので、それを考慮すると400万円を下回りそうです。

ライバルになり得るトヨタ・アルファードのハイブリッドモデルは最も安いモデルで400万円を超えますので、結構戦略的な価格です。

また燃費はリッターあたり20~25㎞の間だといわれています。アルファードのハイブリッドは20㎞弱ですので、燃費ではオデッセイハイブリッドの方が魅力的です。しかしアルファードの方がボディが大きく車重も大きいので一概には比較できませんが。

客観的に考えてトヨタのハイブリッドシステムは洗練されていて、とてもスムーズですが、ホンダがどれだけこれに近づけるのか興味があります。


【那覇空港営業所 出発】
新型プリウス車種指定プラン

押しも押されもせぬ国民的ハイブリッドカー、フルモデルチェンジした新型「プリウス」がスカイレンタカーでもご利用いただけるようになりました。 「JC08モード」で「37.2km/l」の低燃費。これまでの歴代プリウスで課題であった「走り」についても大きく改善。見た目のフォルムもシャープに生まれ変わった新型プリウス。 沖縄ドライブがより楽しいものにしてくれる最高の1台です。

スカイレンタカー沖縄・北海道・九州 Jネットレンタカー北海道~名古屋~沖縄
CATEGORY